忍者ブログ

愛は千年の夢

聞いて4度目の时に

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

聞いて4度目の时に



ちょっと旅をするとは関係なく風景だ。少し记忆は、平凡なのに、私の頭の中は立ち止まったことに振り向け、センスがよみがえった。漂流遼河への旅は、そのようにしての一种と记忆しています名創優品山寨

早朝から日が暮れる、これが一群の人のダンス、魂のダンスをしている。河川の表情は音が、両岸の蝉の音が蛙鸣リズムがあることに気づく。自由とは、ダンスの名前だ。

遼河は私达がなくて、漂流とすれば、心を準備してきた一つの梦といえば、それでは、私がなくて、漂流はただひとつの私は时间の余裕の下で「無所不為」の決定に過ぎない。私は本当渇望する、ただ一試合目的がなくて、わからないどこの漂流、そして一群の私の知らない私が行くのを待っていたところ丈夫な友达です。私にとって、このような不確実性がまず、一種の魅惑的なところがある。

よく闻かれると、あなたは、何のためにんだろう?そこに、めまいがするほどだったのだろうか。风景米ですか名創優品?

景色を见て、私の心の中で、一度もが重要なのではない、重要なことは、道を歩いた。の未知の風情や道の上で未知の人と思うことが、本当に望むというものがある。

旅立ちがないのではないか、というから帰ってきて、まるで爱なくしては、记忆が无い。(読解网:www.sanwen.net)

から帰った後、犬のように、私は懐かしくなっ、懐かしさの遼河ダム青草の香り、懐かしさ運転に向かって走り続け、未知の前方をを吹き渡る风の戦ぎ、懐かしさの遼河に舞い日暮れの上の日没;懐かしい内モンゴル大地で腰を见た輝く星空;1枚は楽しい笑颜の懐かしいです;1ひとペアの目を懐かしく笑います;一食を食べて懐かしい足りないというのが良くて、でも私の最もしのんはないが、遼河岸辺素直でが甚だしきに至っては驚いた人々だ。

三江の口を2匹のボートは、川で、我々の心からは、漂流、遼河両岸、ように子供じみた曲だけ愚かで起こるか分からない孔聖堂中學好唔好。すべり、ひたすら前進し、もっと前に。私达はすべてのすばらしい期待も許してを与えた遼河両岸の未知は运命は私たちの生命の中に出てきた人たちがいた。

遼河押し合いもみ合いは無言のまま流れ、静かな寛大に乗せて朝から日が暮れる。という見方があるが、川−空・陸のほうが人間のにおいを、河川は百种类の表情を、眉をひそめてしばらく考えこんでいたが、考えこんでは缓に群がっている。私たちは川を挟んでや静や、動けたり歌ったり笑っに私达を見守っていた人々を風景を見守っていた人たちは、私たちの風景だ。

私の覚えているあのが尋ねてきては、次にボートの価格をしなければならないくらいに私达が私达お手伝いを一つ小舟のような太い中年の男です;私が記憶して自発的に私达に彼女を家魚のを抑えるの渡し場長兄;私は覚えていた。ほら、全体の家、手渡すこともできないため、勝手にし、これを私たちの料理はずっと謝罪の一言一言大娘;私は更に覚えていてくれるのか、あの夜の闇の中で见船には乗り出さないお金を名創優品老人……

沿道で得た多くの度を依頼するなど、根も葉もない対価を走ろう」と自らの助けを借りて;そのたびに、私达はすべての例が心からの感谢の意を表し、出てくる言葉を聞けば、第一(チェイル)第2次の时、私は感动して、聞いて4度目の时に、私は深いですね。あれが网の一言である「谁に出かけることもできた锅を背負っているんじゃないかな」奶粉 易吸收

それは彼ら容留我々私たちを助けてくれた唯一の理由は、そんなに聞こえると道理にかなって、そんなにの自然、でもだろうか、誰が自分の家に任せるのが一群の出所し、見知らぬ人を適当に役立つだろうか。

都市には、私たちは他人にはなっていないのに、警戒するのに満ちていた私たちの用心している人のことを、遼河故郷の村人たちは、私たちが大きく開かれた善良なの門で、善良での光が明るくなった我々の底には、最も暗い場所とされている。彼らが私达を引き抜か家門ならせて、私达の一行の十数人が彼らの床に座って食事をしたり、家族が、門の外に碁を打つと、まるで私达は彼らの家族も同じ。われわれはフェリーなどは渡し場の老人だったら、私はまだ心配の船舶の安全問題と関連して、翌日の老人に戻ったにもかかわらず、銭たくありません。これを受け取った費用がかかった。彼としたところで、私照见感得した後に魂がいなくなったので、私达の日光の薄暗い隅、感激を叫んで、恥ずかしいと言った。彼らに関する善良かもしれません、これに先立って、おじいさんから、ずっと遼河両岸を貫徹するために、伝わる、閃光光り辉いている。われわれがそんなから离れて善良で久しぶりになりました。

今日だけがあって、遼河両岸、それらに最も素朴な人々はできる。

遼河の旅で、心が置き去りにされていたような気がして、明るい、——明るい美しいです。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R